ゆうきカイロプラクティック

症例紹介の記事

背骨は本来、正面から見て真っ直ぐなのが正常です。
これが側方(左右)に曲がってしまった状態の事を側弯症と言います。
側弯症は、特別な原因なく発症する特発性側彎と
生まれつき背骨が曲がっている先天性側彎、
他の病気に伴って起こる病原性(症候性)側彎に分けられ
一般的にはコブ角という彎曲の度合いの指標を用いて診断します。
オリンピックでの活躍が記憶に新しい
ウサイン・ボルト選手も側弯症であると言われています。
原因不明に発症する特発性側彎は、特に思春期の女児に多く見られます。
無症状であることも多く、大人になってから側弯症に気が付くこともありますが
小中学校の健康診断などで、お辞儀をして左右の肩や肋骨の高さの違いから
背骨の彎曲を調べる「モアレテスト」という簡便な検査を行い
早期発見に努めています。
側彎は成長に伴って進行することが多く、早期発見・早期治療が重要で
重度の側彎では腰痛以外にも、神経が圧迫されることで下肢に症状が出現したり
内臓が圧迫され消化器や呼吸器障害などの異常が出現することもあります。

今回ご来院くださったのは女子中学生。
5回の施術後、レントゲンを比べると
角度が10度近く減っていました。

レントゲンを見ると
骨盤の関節面(仙腸関節)が正常に近づいてきており
こういったことが原因で
側弯を起こしていくのではないのかと推測されます。
特発性側弯は、成長期の負担が体にかかって起こるのでしょう。
西洋医学では症状や背骨の状態に応じて変形した骨を削り
神経の圧迫を取り除く「除圧術」や
自らの骨や金属を用いて背骨を固定する「固定術」という術式などが行われます。

結果には必ず原因があります。
側弯にも、側弯にならなければいけない原因が潜んでいます。
身体は無駄なことはしません。
必要に応じて体を正常に保とうとしている「反応」です。

西洋医学では効果がなかった、メスは入れたくない
そのような想いを抱えていらっしゃる方は是非1度、ご相談ください。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック

自律神経失調症。
ご紹介で来院された看護師さんのケースです。

いつ何が起こるかわからない緊張感の日々。
怪我や病気と闘う患者さんを毎日励まし
日勤から夜勤まで、生活リズムの変化の大きい
肉体的にも精神的にも大変な仕事です。

そんな彼女の体は日に日に不調を抱え
頭痛、肩こり、首の痛みなど
時々だった症状が毎日起こるようになり
気づけば鎮痛剤を飲み続ける日々になっていました。

それでも彼女は毎日現場に立ち続け
日夜、患者さんのために身を粉にして働き続けました。
しかし、症状という「体の悲鳴」に気づかぬふりをし続けた結果
ある日職場に行くと、動悸などの自律神経失調症の症状がでてしまい
そのまま休職してしまいました。

「私は仕事に戻れますか」

と涙目で聞いてきた彼女。
自分を犠牲にまでして頑張ってきたにも関わらず
望むその先は仕事への復帰でした。
そんな姿に胸をうたれながらも
今後はあまり無理をするのをやめることを約束し、施術を行っていきました。

彼女の場合は肉体的(骨格)にも問題がありましたが
何より精神的な問題が体に強くでていました。
こういう場合は、筋骨格系のアプローチだけでは対処できません。
身体の反応を見ながら、体に必要なアプローチを行います。
結果、休職期間中に何とか間に合い
動悸もなくなり無事、仕事復帰が果たせました。

頑張る人の先に、たくさんの笑顔がある。
きっと彼女は、多くの患者さんの笑顔にしてくれることでしょう。
そんな方を支えるのも、僕の仕事です。 
ご来院ありがとうございました。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック