ゆうきカイロプラクティック

コラムの記事

という質問をいただくことがありますので
今日は妊娠中の施術についてお話したいと思います。

結論から申しますと、妊娠中、または出産後の施術はとても大切です。

妊娠は、女性にとって多くの変化を伴います。
赤ちゃんが育ちやすい体の環境に整えていくことで
つわりや味覚の変化等、多くの体の変化が起こります。
それは骨盤も同様です。

妊娠後期に入ると出産しやすくするために
骨盤が開くように恥骨の結合部分が緩みます。
そのため、骨盤が体を支えるのが難しくなり
その他の筋肉がそれに対応しないといけないため
腰痛や肩こり、偏頭痛が起こりやすくなります。

妊娠中は薬の制限も起こるため
痛み止めなどには頼れません。
なので、体に負担がかからないよう
身体を調整しておいた方が良いのです。

また、骨盤の間をくぐり抜けてくることを考えると
骨盤のねじれが強いと
出産のときに骨盤がうまく開かなくなったり
出産時に苦労される可能性もあります。

上記のことを踏まえると
お母さんのため、そして赤ちゃんのためにも
身体を整えておいた方が良いのです。
もちろん妊娠される前から整えておいた方が良いのですが
当院では妊娠中でも施術は可能ですので
施術を受けることをおすすめしております。

また、産後は恥骨の結合部分が緩んだ状態から正常に戻る際
綺麗にくっつかないと、産後から生理痛がでるようになったり
腰痛がでるようになった、生理不順が起こりやすくなった、など
様々な症状がでてくることもございますので
産後もとても大切です。

当院の施術としては
安定期に入るまでは骨盤にアプローチはせず
骨盤が支えやすくなる状態に整えることで
中期、後期に向けての体づくりをしていきます。

もちろんボキボキといった強い矯正はせず
専用のドロップベッドも使用しません。
身体に負担がかかりにくい妊婦様用の施術を致します。
うつ伏せになれなくても施術は可能ですので
ぜひ1度ご相談ください。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック

背骨が歪むことは良いことではない。
皆様もそれはなんとなく理解できている、それは
背骨が歪むと、腰痛や肩こりといった症状が出ることを
どこかで見たり聞いたりしているからだと思います。

しかし、背骨が歪むというのは
実はそれ以上にもっと怖いことがある。
それを知るには
「背骨とはそもそもどんな働きをしているのか」を
理解していないといけないので
今回は背骨の働きについてお話したいと思います。

背骨には、主に4つの働きがあると言われています。

1.体を支える柱の役目
2.身体を動かす機能
3.肋骨と組み合わさり、内臓を保護する
4.神経(脊髄)の保護をする

つまり背骨が歪むということは
これらの働きが出来なくなっていくことを指します。
1つずつ解説していきましょう。

まずは1の体を支える役目。
身体は背骨という柱があり、そこを中心として
約200個の骨が連なっています。
その200個の柱となっている部分が背骨や骨盤となります。
背骨が歪めば、当然骨を支える筋肉に負担がかかります。
それが肩こりや腰痛を引き起こす要因になります。

次に2の体を動かす機能。
背骨が歪み、関節の動きが悪くなると
身体をうまく動かすこと出来なくなります。
それが四十肩・五十肩などの
痛みを伴う動きの制限につながっていきます。

3の内臓を保護する動きは
わかりやすく言うと、骨盤の中にある子宮や卵巣。
骨盤が歪めば、当然その中で守られている子宮・卵巣にも影響が起こり
生理痛や生理不順、生理前症候群といったようなものも
引き起こす可能性がでてきます。

そして、4の神経の保護。
神経というのは、脳と体をつなぐコードの役目をしているもの。
わかりやすく言うと、ドライヤーなどの電化製品をお考え下さい。
電源だけあっても動かないし、ドライヤー単体だけでも動かない。
電源とドライヤーをコードでつなぐことで
ドライヤーは動くのです。

人の体も同じで、脳の命令を神経が伝えていますので
神経がなければ人間の体は動きません。
頭からつながっている神経は、背骨に守られながら下に伸び
背骨の隙間から枝分かれして、体中に伸びていきます。

背骨が歪むと、この神経の流れに滞りが起こり
命令がうまく届かなくなると各部分が正常に働かなくなり
身体が不健康に向かっていきます。
カイロプラクティックでは、神経の圧迫を起こす背骨が
いくつもの病気を引き起こすと考えています。

たかが背骨、されど背骨。
背骨がどれだけ大切か、少しでもご理解いただければ幸いです。
背骨は自分では見えないので
健康になりたいとお考えの皆様は
ぜひ1度検査を受けに来てはいかがでしょうか?


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック

今日の医学の歴史は
紀元前のヒポクラテスに始まると言われています。
ヒポクラテス学派にとって病気とは
「身体に生来備わっている自然治癒能力と健康を負かす力との戦い」でした。
その戦いの中で医師の役割とは
病気と闘う生体を援助し、勝利に導くことにあります。
そして医師は、自我を捨て
患者につくすことができなければならないとされてきました。

私たちの実践するカイロプラクティックは
まさしくこのヒポクラテスの精神を医の原点として
病める者へのいたわりの心をもって社会に奉仕する
価値ある職業だと思っています。

手技により背骨を矯正する技術は非常に古く
紀元前何年も前にすでに行われていたという説があります。
その後長い間、ヨーロッパ各地、アメリカ、アジアの一部で経験的に受け継がれ
1895年にアメリカのD.D.パーマーによって
今日のカイロプラクティックの基礎が形作られました。
1974年のルイジアナ州を最後に
全米でカイロプラクティック医療が法律によって認められ
1世紀あまりの歴史の間にカイロプラクティックは全世界に広がり
年間に数千万人の人々の健康回復に重要な役割を果たしております。

カイロプラクティックの基本原理を簡単に説明するならば
人類が2本足で大地を歩み始めてからの
宿命ともいえる骨格構造の欠陥に着目しているところです。

カイロプラクティックは、このような直立姿勢からくる構造的ストレスと
それからもたらされる機能不全を研究する学問です。
直立姿勢からくる骨格筋肉系、特に脊椎と頭蓋骨、骨盤における
構造的な"関節の機能異常"が神経の伝達障害となり
その支配する組織や器官に機能障害をおこすという体のメカニズムに重視しており
疾病は単に心臓や肝臓、胃などの組織や器官にみられる形態(器質)的変化だけでなく
それらの組織や器官による異常な働き(機能)であるとの考えから
骨格異常の正常化、人間が本来もっている生命力を100%活かすことにより
疾病の治癒や予防、そして健康回復へと導くものと考えています。

カイロプラクティックは人体構造上の歪みに着眼し
脊椎関節の機能異常(サブラクセーション)を
徒手による矯正によって神経圧迫を取り除き、
神経の回復によって生体が本来もっている生命力を元に戻すことにより
疾病の治癒、予防、健康増進
さらにはストレス社会での心身の緊張緩和等に寄与するものです。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック

まん延防止重点措置の延長が決定し
感染者数は未だ多く、まだまだ予断は許さない状況です。
また、新たな変異したウイルスも発見されるなど
これからも変異し続けていくもの想定しつつ
その中でどう過ごしていくかを考えなければなりません。

さて、コロナウイルスの予防策として
昨年からワクチン接種が始まり
次は3回目の接種と言われていますね。
そして、これを機に患者様からよく聞かれるのが


「ワクチンを打った後、もしくは直前に
施術を受けても大丈夫ですか?」


というご質問です。

そのご質問に対する返答は
もちろん大丈夫です、と私はお答えしています。
ご来院されている患者様の中には
その接種日に合わせて
前日にご予約を取られていく方もいらっしゃいます。

ではなぜ前日に受けに来る方がいらっしゃるのか?
そもそもワクチンとは何をしているのか?
まずその仕組みを調べてみましょう。

厚生労働省のホームページによると

「感染症の原因となる病原体に対する免疫ができる体の仕組みを使って
病気に対する免疫をつけたり
免疫を強くするために接種すること」

と記載されています。

病原体が体の中に侵入すると、それに対する抗体ができ
新たに外から侵入する病原体を攻撃する仕組みができます。
人が本来持つ自己免疫機能が
次から侵入する病原体から守るシステムを構築させる
そのためにワクチンを接種する、ということになります。

つまり、ワクチンが体を治すわけではなく
本来持つ機能をワクチンを通して意図的に利用させているわけです。
それには、ワクチンに対して正しく反応し
抗体を作りやすい体の環境を整えないといけないといけません。

カイロプラクティックは、背骨を通して神経の流れを正常化させ
脳からの命令を問題なく体中に行きわたらせることで
体の本来の機能を100%発揮させるという考えのもと
神経を圧迫する背骨を矯正しております。

本来持つ機能を正常に働くように整えておく、との考えであれば
接種前に受けた方がいいというのも
なんとなくご理解いただけるのではないのかと思います。
それ以外にも体を休めるための質のいい睡眠と
体に良い、バランスの取れた食事をすることも
もちろん大切です。

自分の体を治すのは、ワクチンでもなんでもなく
ご自身の体なのですから。
もし、これを読まれているあなたが
どこか痛みや違和感を感じているようなら
それは体の危険信号なのですから。
これを機に、ご自身の体と
向き合ってみてはいかがでしょうか。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック

新型コロナウイルスの終息が未だ見通しがつかない現状
ここ数日、また感染者が多くなってきておりますね。
罹患された皆様には、こころよりお見舞い申し上げますとともに
1日も早い回復をお祈りいたします。

ウイルスが形を変え続ける限り
やはり「Withコロナ」として
特攻薬が発明されるまではどのようにその中で過ごしていくか
前を向くにはどうすればいいかを考えていくことが大切です。

しかし、その「考える」ということ
自身の体のこと、当たり前になっている体の本来の性質を
深く知れたりする機会が多くなる、というのは
それはとても大切なことではないのかなと思っています。

風邪でも怪我でもそうですが
身体を治すのは自身の持っている「先天的治癒力」になります。

風邪を引けばウイルスと闘うために熱を出したり咳をしたり
傷ができれば血は固まり、傷口は次第に消えていくというように適応していく。
生まれながらにもつ、体を修復していく力
それは脳からの神経の流れによる指示により
いつも絶えず建設的に修復作業を行っています。

それは目に見えるものではないので
人間の体、病気等は誰かが治してくれるんだと錯覚に陥ってしまいがちですが
自分自身が修復しているのです。
転んで擦りむいてケガをしても
消毒液や絆創膏が傷を治すわけではないですよね?
それはあくまで「修復しやすい状況を作っている」のです。

つまり、私たちが今できることとしては
人間の機能が1番活動する状態になること
「修復しやすい状況」を作ることが大事なのです。

人間は脳からの神経の流れによって生きています。
脳からの神経伝達が滞りなく届いていれば
この修復作業が常に働けると考えても良いのではないでしょうか。

神経は体全体に届く前に、必ず背骨の中を通っていきます。
背骨の歪みにより侵害を受けずに
脳から100でる力を100%そのまま各器官に伝えれば
体はいつも正しく自然に働きます。

もちろん、それ以外に
身体を休めるための十分な睡眠
身体に必要な栄養を送るための健康的な食生活
精神的緊張の少ない状態を作ることも重要です。

身体は、皆様が考えている以上に毎日働いています。
その体をケアする、そして大切に扱わなければいけないということ
もう1度ご自身の生活を見つめなおして
考えてみてはいかがでしょうか。
そして少しでも症状や痛みという「体からの危険信号」が出ていたら
ケアを考えなければいけない時期なのかもしれませんね。

1人でも多くの方が健康になれますように。


袋井市の整体・自然治癒力を高めるカイロプラクティック院
ゆうきカイロプラクティック